大学受験の服装は私服?制服?服装を選ぶ際の注意点を紹介

f:id:malmalfoy:20211123141850p:image

「受験の日って何を着ていけばいいの?」「制服の方が良いのかな?」

このように受験日が近づくにつれて受験日に着ていく服装について迷う人は少なくありません。

そこで今回は、大学受験の服装について注意点を挙げながら説明していきます

受験の時に余計な不安材料を増やさないように受験日の服装についてある程度理解しておきましょう。

結論

私服と制服どっちでもOK!

結論から言うと、試験に着ていく服は私服でも制服でも大丈夫です!

大学受験では基本的に服装の指定はされていません

派手な服だから落とされるなんてこともないので、自分が普段着慣れている服を着るようにしましょう。

ただし、服を選ぶ際には以下のことを注意して選ぶようにしましょう。

服を選ぶ際の注意点

文字が入っている服は避ける

英語や漢字などの文字がデザインされている服はカンニング防止のため禁止されています

私服で試験を受けようとしている人はこのことは絶対に忘れないようにしましょう。

実際に私が試験を受けた時も英字が入っている服を着てきてしまった人が試験官の人に注意され、上着で隠したり、裏返して着るように指示されていました。(笑)

試験前に静まり返った教室の中で注意されては恥ずかしいし、その後の試験に集中できませんよね。

「このロゴは大丈夫かな?」と試験前に無駄な不安要素を作らないためにも無地の服を選ぶようにしましょう

タイトな服は避ける

文字入りの服に加えて、タイトな服も避けるようにしましょう。

試験では緊張状態の中、長時間同じ体制で過ごすので余計な力が入ったり、些細なことが気になったりします。

そのためタイトな服を着てしまうと、普段気にならない締め付け感が気になって集中できなかったり、腹痛の原因になることも

そんなこと気にならないという人もいると思いますが、心配性な人やお腹が弱い人はタイトな服を避けると良いでしょう

室温に合わせて調節できる服装を選ぶ

受験の時期は冬で、外は寒く厚着を行くと思いますが、試験会場で脱ぎ着できる服を選ぶようにしましょう。

試験会場は基本的に暖房が効いていますが、思ったより寒かったり、逆に暑かったりすることがあります

集中して試験を受けるためにもパーカーやカーディガンなど会場の温度によって調節できる服装で行きましょう。

まとめ

制服が無難

文字や温度調節を気にして服で悩むのがめんどくさい人は制服で行くのが無難で良いでしょう。

文字のデザインも無く、普段から学校で着ているので変に私服で行くよりも安心して受けることができます。

カーディガンを持って行ったり、ワイシャツの中に着るシャツを厚手または薄手にしたりして会場での温度調節をするようにしましょう

私立は私服の割合が高い

受験生全体の服装の傾向としては共通テストは制服が多く、私立は私服が多いです。

周りの受験生と服装をあわせたい人は参考にしてください。